hikari no rasen

西洋占星術と日常、ときおりレイキ

ひとつずつ、少しずつでも手放していく。身軽になる乙女座新月。

8/30は、乙女座新月でした。
その日に自分が感じたことなどを前半に、
後半に、そのことについて、乙女座新月のホロスコープを読み解いています。

 

 

 

ついこの間の乙女座新月に呼吸法に取り組んでいた時のこと。
急に、高校のときに関わっていた人たちの言葉や態度にめっちゃ傷ついている自分が
映像として出てきました。

 

それを見て私は、「なんかもういいや」と思いました。
傷ついた私がそこにいて、その自分を守らないとという思いが感じられたり、
傷ついている私かわいそうという思いをどこかでもっているのを感じました。

でも、「かわいそうに思われたくない私」もいて、攻撃的になっているのだけど、
それも「もういいや」と。脱力感とともに起こりました。

 

その高校生の私を、私と無限の愛と光を送って包むと、
「傷ついている私」「傷つくのは弱いからと思っている私」それでもいい。
その私でも愛されている、と。愛を注がれている、と。
たとえ傷ついたとしても、弱かったとしても、愛されているんだ、と。
そう感じました。

それで、人から蔑まれたり、見下されたり、否定されたとしても、
私自身が愛されていることに変わりはなくて。
私自身は愛されている存在で、人から何かされたりしたとしても、
それはその人が勝手に感じたりしている、その人だけのもの。
私自身を、私が否定するものでもない。
私は愛されている。

 


そんなことを感じたり、受け取りました。


傷ついた自分を見せたくなくて強がったり、平気なふりをする。
けれど、自分は傷つけられてる、被害をうけているんだ、という意識がある。
かわいそうな自分、傷つきたくない自分を守らないと、
と殻にこもって攻撃的になり、
そんな自分をギュッと握りしめていたんですね。

もちろん、相手は傷つけてるとか、そんなこと思いもしないでしょう。
相手にとっては、それがあたりまえですから。
ただ、あまりにも私と当時の周りの人や環境がちがいすぎた、
としか言いようがないです。


私自身、適度な距離感を知らず、円滑に進めるコミュニケーションもわからない、
境界線もあいまいで、ただでさえ感じやすくて、傷つきやすいのに、
ろくに調べもせず、その環境に飛び込んだのがまずかった。

 

自業自得ですね。
今だからわかることです。

 

私にとっては、楽しいことも喜びもないわけではないのですが、
やはり苦しく、自分らしさに欠けていた時期だったと思います。

 

ですが、この経験があるからこそ、傷つきやすい自分、感じやすい自分、
弱い自分でもいい、愛されている、と感じられました。

 

 

こうして書いていると、迷惑をかけたなと思う自分もいて、
それでも自分を許すこと、そのときを取りまいていたすべてを許すこと、
そうやって手放していくんだなと感じながら、軽くなり安心感を覚えました。

 

脱力感と共に「もういいや」と思えたこと、
「愛されている」と感じられたこと、
ひとつでも重しが取れたこと。

 

一歩ずつですが、身軽に、私らしく生きていけると信じて。

 

 

 


さて、この出来事を、乙女座新月のホロスコープで
考えたくなりましたので、少し書いていきます。

 


まず、映像・イメージの海王星、金星は高校時代の年齢域にあてはまります。
この2つが180度を形成。

新月時の魚座海王星は、12ハウスに入っていますから、
いつも以上に無意識の世界からの影響が強いです。
また、この海王星は私の生まれた時の金星と重なります。
ですので、金星と海王星の180度で、高校時代に受けたものが奥底から外へ出てきたのでしょう。

 

傷ついたということは、そこは「癒す」必要があります。
魚座や海王星は「癒し」も表しますから、あながち間違いでもないでしょう。
さらに、金星は人間関係を、水星は会話やコミュニケーション能力、
火星がもつ怒りや攻撃などを表します。

それらが、この乙女座新月との重なりもあって、
高校時代の自分や出来事が映像として表れ、
今手放すものや見直すもの、改善するものとして出てきたのでしょう。

自分がもつルールや規則、秩序のうち自分以外のものから受け取った、
今の自分にとって必要のないものの手放しとも受け取れます。

 

また、今回の新月は、牡牛座と山羊座の星たちとスムーズな流れをもつ
角度を形成しています。

天王星が自身の無意識にある価値観の見直しや振り返りによる変化を、
山羊座のMCや土星、冥王星が社会での役割や使命、現実化や
目標達成などのための見直し、一進一退していることなどが良い流れとなって、
今や今の自分にふさわしくないものの手放しを促している感じがします。
ドラゴンヘッドやテイルも手放しを後押ししてそうです。

私の場合、今まで気づかずに引きずっていた
高校生のときに形成された社会的、組織的なもので、
たとえば、枠組みや土台、ルール、慣習、文化、風潮みたいなもの、
そこで受け取ったもの、影響を受けたものの手放しのようです。

 

どうやら、今の私、今の時代にそぐわないものを
自分から手放す流れ、新月です。
そうすることでこれから実際にどうするか、
はっきりして動きやすくなりそうです。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ
にほんブログ村