hikari no rasen

西洋占星術と日常、ときおりレイキ

今日は天秤座新月だけど、そっちより遅くなってた秋分の日のホロスコープをよむ。

 今月23日に秋分を迎えて、今日は天秤座新月。

時間が進むのは早いです。

 

山羊座の土星が、逆行から順行に戻った今月の18日。

その時は、土の星座(牡牛座、乙女座、山羊座)に8つも星が入ってました。

 

占星術で使う主な星は、10個で、そのうちの8つともなると、

肉体などの感覚、所有、価値観に関すること、現実的、実際的な性質などに

意識しずぎていて、どこか感情が置き去りにされてたり、

なかなか思うように伝えられなかったりなんてこともあったかもしれません。

その分、そこに取り組むことが大事な時期だったという裏返しでもあるのかも。

 

 

それが土星の逆行終了後、

水星、金星はすでに18日、19日には天秤座を進み、

秋分では太陽も天秤座に入りました。

 

天秤座は、風の星座ですから知性や情報、コミュニケーションなど、

風のように広がる、拡散する性質があります。

今日の新月にもなると、

風のような自由さ、思わぬ人とのつながりも出てくるでしょう。

 

 

 

さて、今日の天秤座新月についての前に、

秋分のホロスコープについて書いていきます。

 

 

全体的な雰囲気としては、

流れに任せるような、それでいて夢や理想のなかにいるような感じもします。

どこかぼーっとしている感じも見受けられますが、

それがかえって、個人的なプレッシャーや緊張感を和らげているところがあります。

 

土星は順行に戻りましたから、これからはストレートにパワーを発揮します。

逆行期間で手にしたもの、きずいてきたもので、

将来を見据えた活動や同じ目的を持つ仲間たちとの活動に力を入れていくでしょう。

 

それは、個人に負担や緊張を与えそうですが、

その活動で創り上げていく中、どれだけ自身の創造したいことや情熱を注げるか。

 

この秋分のときの誰かとの創造は、

会社や組織などによくあるマニュアルやオートマチックな仕事ではなく、

人と共感できるような、どこか遊びや趣味などといった自身の喜びからくるものが、

内側で育まれていくでしょう。

 

感情をおろそかにしない、個人の安心やリラックス感、共感するような創造性を

日常、もしくは組織や活動に組み込んでいけるかが、

この時期、安定した流れを作る、活動していくためには必要なように思えます。

 

 

また、会話やコミュニケーション、感性などの感覚的な部分で、

他者とかみ合わないことがありそうです。

 

自分がやりたいことはあるけれども、

人との関係やつながり、人と一緒に動くことも楽しくなる時期で、

合わせることも多くなります。

 

さらに、いろんなことに手を出したくなったり、忙しくもなりますから、

自分のなかで時間の配分を決めたり、

どこまでが相手と一緒に過ごすのか、付き合うのか、

自分のやりたいこと、遊びでも趣味でも、もしくはもっと創造性のあること、

自分の根本にある情熱や喜びからやろうとしてること、など。

 

これらのことをスタートさせる、動きたくなる流れで、

とても活動的なスタートを切る秋分のホロスコープです。

これが、冬至までの3か月間影響します。

 

 

天秤座や7ハウスに星が集中したことで、

これまでの流れに

自分以外の人や状況、環境などとつながって新しい広がりをみせます。

 

他者との接点が増えて、物事は活性化されたりもしますが、

気づいたら心や体をないがしろにしていたなんてことも。

 

その点でも感情の部分でやりきれないこともありそうで、

なにやら私的な自分、気持ちの面でストレスが多そうではあります。

 

 

 

さて、今年の秋分の日の太陽は、乙女座の火星とゆるく重なり、

ほかの星になにか影響を受けていないかと、

強いて言えば、牡羊座にあるキロンです。

 

太陽は、これまでに書いたことを受けながらも、

ひとりちがうことをする印象を受けます。

 

 太陽は天秤座にあり、7ハウスにいます。

人と協力する、相手に任せるところは任せる、人とつながっていく

 

ここまでで成長した自分の能力や意志などを

今度はそれを自分以外の人に示すことで、次のステージに進みます。

 

 

秋分からは、人とのつながりや関係性、パートナーシップ、

自分を取りまいてるものとのかかわりが強くなっていくので、

その辺りを無視することはできないでしょう。

 

 

今月の23日の時点での、

春分から半年間でできあがったものとともに、

今度は、それを人に示していく。

 

自身が持つものや積み上げてきたものを、

人との協力や、人が求めているものを提供することなどといった形で

表現すること、もしくは人に話してみることが

次の扉を開くことができそうです。

 

たとえ、それがまだ未熟なものだったとしても、

自分だけが知っているもの、わかっているもの、できることを示すと、

1人では決して目にすることのない景色が見えたりします。

 

外へ出して誰かの評価を受けることは、

次にどうするかというステップを踏むことができるからです。

 

 

また、今回の秋分では、他者やパートナーとのつながりや交流が活発になります。

そんな中で誰かとの関係を通して、

自分自身が気づいていない自分の傷が浮かび上がります。

 

その時、無意識に避けていることに意識的になると、

あなたがあなた自身のなにを嫌がっているのか、

なにに傷ついているのか気づけるでしょう。

それを、癒すことは活力を取り戻し、また、個性にも気づくでしょう。

 

いい意味で誰かと比べてみる。

自分と誰かとの違いが浮き彫りになると、自身の個性や魅力に気づくことができます。

 

 

 

23日の秋分の日から3か月間、

自分の傷ついているものを癒すような出来事も起こるかもしれませんし、

時折はシリアスな感じにもなるかもしれません。

 

ですが、基本的には楽しく人との交流ができるかなと思ってますし、

そこに喜びもあります。そして、とても活動的な期間です。

忙しさにかまけて自分の感情を無視せずに、

体や心の声を聴きながら、春分からの収穫の恵みを受け取っていきましょう。

 

 

 

 

 こちらも併せてどうぞ。

www.hikarinorasen.com

 

www.hikarinorasen.com

 

 

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ
にほんブログ村