hikari no rasen

西洋占星術と日常、ときおりレイキ

アンチバーテックスとバーテックス。振り返って、自分もったいないことしてたかも。

f:id:lapis_sora:20191009230918j:plain


今日は、感受点のひとつについて、少し。

 

 

西洋占星術には、

Av(アンチバーテックス)Vt(バーテックス)

と呼ばれる感受点があるのですが、

昨日、ふとなぜか、「8ハウス」が頭に浮かんで、

「そういえば入ってるのはバーテックスだけだなぁ」と。

 

そして、自分のバーテックスについて、こう、フッと思い浮かびました。

「あれ?自分って、人でも環境でもなんでもとにかく
誰かから、何かから与えられたら、ちゃんと受け取らないとダメなんじゃない?
与えられたものを心や潜在意識が拒否してると、
エネルギーというか、人生が滞っていくんじゃない?」

 

そう思ったんですね。

受け取っているんだけど、心のどこかで拒否や否定しているような、

人や人以外のものから欲しいものはもらってないと、無意識に思っているのかも。

 

まぁ、受け取る前に自分からも与えるというのが前提にありますし、

受け取りたくないもの、欲しくないものは、誰にでもあります。

その辺りの自分の意識や対処が、これからの課題にもなってくるのかな、と。

 

 

それで、AvとVtについて、少し書いてみようかと。

 

ちなみに、AvとVtの意味は、

Av 集団性から押しつけられる個人の使命
Vt 集団性から押しつけられたことで生じる環境とのかかわり方

「完全マスター西洋占星術  松村潔 著」P.31引用

 

ちなみに、集団性とは、心理的な社会と現実的な社会。

例えば、家族や会社がわかりやすいですね。

 

押しつけられる、押しつけられた、と書いてある通り、

その使命を果たしたり、環境と関わっていくことに、

実際に納得してできるかというと、そこはまた別ものではないかなと。

 

 

自分のホロスコープでは、以下の通り。

 

Av 山羊座 2ハウス

Vt 蟹座 8ハウス

 

この2つの感受点は、常に180度の反対の位置にありますので、

どちらかがわかれば、必然ともう一方もわかります。

 

 

 

 

2ハウスは、所有のハウスであり、

収入つまりお金を稼ぐことや、自分の持ち物や才能を示す場所です。

 

集団から押しつけられた私個人の使命は、

自分の能力を使うこと、その能力を与えること、またはお金を稼ぐこと

 

自分の才能や能力を使うこと、それでお金を稼ぐことで

もたらされる環境と、そのかかわり方は、

私の場合、蟹座の8ハウスということになる。

 

8ハウスの意味のひとつに、「受け取ること」というのがあります。

 

なにを受け取るのかというと、8ハウスなら

信頼や心、エネルギーといった目に見えないものだったり、

他者の金銭や遺産も表したり、継承という意味合いもあります。

 

また、どんな性質のものを受け取るかというと、

それは「蟹座」が示しています。

 

蟹座というと身近では「家族」「家庭」が思い浮かびます。

これは一番小さな社会です。

つまり、かかわり方のひとつは、

家族から受け取ったり、家というものを通して変わっていく

と読めます。

 

両親や兄弟とで形成される子どもの頃の家族が、

年を重ねるにつれ、新しい人間関係が生まれて家族も増えたりして、

新しい関係性や環境、展開が考えられます。

私個人の未来的なことを言いますと、

年齢からしても、私がこれから新たに作っていく家族

つまり結婚や出産の可能性ですね。(予定はないのですが笑)

 

 自分の能力に磨きをかけて、社会に貢献できる力や

自身を成長させていくと、

両親や、これから自分が家族と思える人たちに多くのものを与えることができます。

そして、その分の心理的なものや恩恵を受け取ることができます。

 (8ハウスは、光も闇も受け取る。変容のハウスでもあります。ほかの星にもよりますが、恩恵は、すべてが自分にとって都合のいいものとはいきません。)

 

 

また、蟹座には、家族、家庭のほかにもたくさんの意味があります。

 

蟹座というのは、心や感情のつながり、共感を大切にする星座です。
(育むことや優しさ、守ることに長けています。)

安心感をもたらす性質もあり、それは心理的な帰属意識が働くからです。

それが、地元や日本という国、さらに、もっと大きく意識を広げて

世界や地球にまで作用する可能性があります。

蟹座8ハウスには、

とても膨大なエネルギーを秘めているようにも思えます。

 

実際にそれができるかどうかは別として、 

なにが言いたいかというと、

自分のもつ能力や才能を使って活動していけば、

たくさんの人たちと与える、受け取るといった流れを生むことができて、

お互いの間に豊かさのラインができあがる可能性があるということ。

2ハウスと8ハウスは、お金に関わるハウスでもあるからです。

 

それが、最初の「家」とのかかわり方や受け取り方の時点でつまずいてたり、

社会で才能を発揮したり、収入を得るための行動で、

膨大なエネルギーが動いていく可能性があるホロスコープなのに消極的だったり、

なんかとっても見落としてた感じです(苦笑)

 

 それを今気づけたのは、

数年間、自分と向き合う、自身で癒す、人からヒーリングを受ける、など

いろんなことをして、自分から行動できるようになったからでしょう。

 

 

 

ホロスコープに描かれたことを活かすも殺すも、

やはり、それを受け取った人の意識次第だな~と思った。

 

アンチバーテックスとバーテックスは、

無料ホロスコープ作成サイトでもわかるので調べてみると、

自分のやることや周りから求められている事がわかって、

方向性のひとつが見えてくると思います。

 

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ
にほんブログ村