hikari no rasen

西洋占星術と日常、ときおりレイキ

今は、次のステージを進むための準備期間みたいなものかな。

f:id:lapis_sora:20191029230350j:plain

 

火星の蠍座入りに、昨日は水星が順行に移って、

今日明日には、太陽が射手座入りしますね。

 

ここ2~3日、ふとした時に

ポツンとなにかが残っているような感覚を覚えています。

 

なにかと言っても、何が残ったのかはわかってはいるのです。

 

このポツンと残ったものをもって、

次のステージに進む。

そんな感じです。

 

特に、大きな出来事があったとか、

大変なことや苦しいことがあったとかではありません。

ここ一月ほど日常を過ごしてきて、

私の中にある、残った、という感じでしょうか。

 

そこには、今はできないこと、抱えきれないものを

手放したというのはありますが、

それは機会があればいつかまた出会うものです。

すぐ来るかもしれないし、まだまだ先かもしれない。

そのぐらいの意識です。そのぐらい気軽な方がいいです。

 

さて、私にとって、この残ったもの。

「種」というか、「原石」という感じでしょうか。

これを、2020年以降、早ければ12月から磨いていくのだと思います。

 

木星が射手座から山羊座に移るのは、12/3。

1つの星座に約1年間、木星はいます。

2019年は、社会的になにかと挑戦や冒険をしたり、

学ぶこと、好奇心を発揮して動くこと多かったのではないかと思いますし、

その成長度合いや発展も大きかったのではないかなと思います。

 

そして、そこで吸収したものや可能性を持って、

木星が山羊座に移る12月以降、

実際に社会に対応させる形で現実化させていきます。

山羊座は活動宮ですので、今よりも活発に動いていくことにもなりそうです。

 

 

水星と火星はまだしばらく蠍座にいますから、

真実と向き合うこと、集中すること、究める、深く掘り下げていくことに対して、

知性や行動力などが働きます。

 

また、太陽は一足先に22日に射手座に入って、27日に新月を迎えます。

今からでも徐々に、どこかスッキリと解放されそうな感覚や、

目標に向けて、もしくは好奇心にしたがって、動きたくなりそうです。

 

それと同時に、木星の山羊座入りまでは、

2019年のことをふまえて、2020年にやっていこうとしていることへの確認というか、

あらためて認識するような、ふとそう意識に上るようなこともあるかもしれません。

 

やっぱりこういうことしていきたいなぁ、とか

なにかしらの理想や可能性をあらためて感じるみたいな。

 

12月の忙しい時期に差し掛かる前の今の時期、

少し時間を取って今年を振り返るのは早いかもしれませんが、

振り返ってみてもいいかも。

 

それは、2020年に向けてのひとつの準備のようなものになりそうです。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村