hikari no rasen

西洋占星術と日常、ときおりレイキ

忘備録

f:id:lapis_sora:20191213000804j:plain

 

2日分の夢の忘備録

 

 

夜、子供たちが輪になって踊ってる。

どこか神事のよう。

 

そう思ったのは、

剣の前にもなにかを奉納をしていたのを感じたから。

なぜか三種の神器だと思った。

 

女の子が

「見てほしかった」

と言う。

毎年踊りを見てくれる存在がいるらしく、

今年はなぜか見に来られない事情があるよう。

 

なぜかその輪の内側を通って進むと、

男の子が祭壇らしきところから剣を持っていこうとしていた。

わたしはなぜか「それで最後?」と聞く。

頷き返した男の子に「頑張って」と言う。

男の子が剣を持って、踊りに戻っていく。

 

 

 

また違う日の夢では。

 

とある会場にて。

パーティのような、社交の場みたい。

自分も話すには葉はしてるのだけれど、うまくできてるわけじゃなくて。

近くにいた女性が、とある会話している2人を示して、

「ああいうふうに具体的に話すのよ」

と教えてくれた。

 

つまり、誰と、どこで、

こういうことがしたいとか、

このくらいとか。

「具体的な望みや希望をふまえて話すのか」

 

 

今は、望みや希望を具体的にしていく時なのだろうな、と。

 

 

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ
にほんブログ村